レガシィb4とアテンザセダンどちらがおすすめなのか!?

レガシィb4とアテンザセダンの特徴

マツダアテンダセダンの特徴

 

アテンダはマツダの最上位セダンにあたり、2012年に登場してから3度の大型マイナーチェンジが行われています。

 

「SKYACTIVテクノロジー」のマツダ新世代技術を全面採用しており、燃費性能向上やガソリンエンジンレベルのトルクを実現させ、動力性能が高性能評価されています。

 

外観や内装が落ち着いた大人のデザインになっており、使用されている素材は栓木という日本の伝統家具、楽器に用いられるもので、マツダにおいて最上級仕様インテリア設定になっているのも特徴的です。

 

見た目や性能面でこだわりが詰まった車ですが、安全面への配慮も十分にされており、ドライバーの危険察知をセンサーでサポートしてくれる「i-ACTIVSENSE(アイ アクティブセンス)」の採用、駐車支援の360度ビューモニター、全車速追従可能とするマツダレーダークルーズコントロール等が装備されます。

 

アクセルペダルはオルガンペダル式であったり、細部の拘りも詰まった車種と言えるでしょう。

 

レガシィB4の特徴

 

スバルのレガシィB4は2014年にフルモデルチェンジされ6代目となり、4ドアセダンタイプです。

 

全車4WDでスバル独自の運転支援システム「アイサイト」の装備、2015年にグッドデザイン賞受賞等、デザイン面にも定評があります。

 

グレードは二種類あり、上位車のリミテッドがありますが、タイヤとアルミホイールデザインが違っている点以外に外観上の差は無いです。

 

内装に関してはB4はファブリック素材、オプションでレザーシートに変える事が出来ます。

 

シートヒーターが4座席分付いているのも特徴であり、乗り心地や長時間移動にも配慮された車に仕上がっています。

 

レガシィb4とアテンザセダン結局どちらがおすすめ?

 

アテンダセダンは2.5Lエンジン車としてはレガシィB4を上回る動力性能、低燃費というメリットがあります。

 

4WD設定が2.5Lアテンダセダンには無いので、燃費面等でその点を考慮する必要がありますが、レガシィB4には安全性能の高さに定評があり、アテンダセダンにもi-ACTIVSENSEの設定がされていますが、レガシィのアイサイト程ではなく安全性能は完全にレガシィが上回ると言えるでしょう。

 

両者高級セダンでありますが、走行性能重視のアテンダ、安全性重視のレガシィでどちらを選択するか人によって解れる部分ですが、走行性よりも高級セダンはゆったりと安全に乗車したいですからレガシィを選択したいです。

 

内装に関してもレガシィの方がシンプルで大人しい印象がありますが、足元スペースの余裕や運転席の開放感が良い車に仕上がっています。