ハイブリット車デメリット

普及が進むハイブリット車ですが、まだまだ多くのデメリットを抱えています。ここでは、ハイブリット車のデメリットについて解説していきます。ハイブリット車のデメリットは、車両価格が高い、走行音が静かすぎる、重量が重い、複雑な構造をしている、環境負荷が増える、ラインナップが少ない、などが挙げられます。1つずつ見ていきましょう。まず、車両価格が高いという点ですが、ハイブリット車は同車格のガソリン車に比べると価格が高いです。ハイブリット車には、エンジンの他に、モーター・発電機・バッテリーなど多くの部品が搭載されています。これにより、同車格のガソリン車に比べて数十万円高くなってしまいます。そのため、年間10,000kmも乗らない人は元がとれず、結果的に損をすることになります。普段車をあまり乗らない人は、ハイブリット車を購入すべきではないですね。次に、走行音が静かすぎるという点。走行音が静かなことはメリットでもあるのですが、逆にデメリットでもあるのです。走行音が静かすぎるので、歩行者が車の存在に気付かず、交通事故に繋がる可能性があり危険です。人工的に音を出すなどの対策をメーカーや政府が講じていますが、まだ万全ではありません。次に、重量が重いという点ですが、ハイブリット車はモーターや発電機の他、大容量のバッテリーを搭載しているため、ガソリン車に比べ重量が重くなり、燃費などに影響が出ます。次に、複雑な構造をしているという点ですが、モーター・発電機・バッテリー・制御装置などが搭載されているため、自ずと構造も複雑になります。構造が複雑になると、故障する確率が高くなってしまいます。次に、環境負荷が増えるという点です。ハイブリット車はガソリン車に比べ多くの部品が搭載されており、これらの部品を廃棄する際には多大なコストがかかり、環境負荷も増えてしまいます。最後にラインナップが少ないという点ですが、ハイブリット車のラインナップはガソリン車に比べるとまだまだ少ないです。そのため、好きなデザインの車が無いといった理由でハイブリット車の購入を諦める人も少なくありません。今後ハイブリット車のラインナップは増える傾向にあるものの、デザインなどの兼ね合いで製造できない車種も多く、限定されてしまうでしょう。以上のように、ハイブリット車のデメリットはたくさんあります。今後、研究・開発によりデメリットは解消されていくでしょうが、まだまだ時間がかかりそうですね。